【簡単】洗面台と壁の隙間を無くす方法

生活

一般家庭の洗面台には壁と床の間の見切り材として巾木が付けられている為、どうしても5〜10mm位の隙間が出来てしまいます。
この隙間に子供が水をこぼしてしまったり、ヘアピンが落ちて取れなくなってしまったりという事はありませんか?
隙間を埋めるにはいくつか方法があります。

スポンサーリンク

はじめに


壁にはタオル掛けがあったり、コップやコンタクトレンズのケースを置いたりするので、水がこぼれたり何かを落としてしまったりとプチイライラが募ります。このちょっとした隙間が厄介ですね・・・。
でもコストを抑えて簡単に隙間を埋める方法がいくつかありますよ♪

水もれシャット

【清水産業株式会社】Seiei(セイエイ)貼り直しのできる水もれシャット ホワイト

コーキング材がテープになったような製品です。

洗面化粧台用すきまパッキン

【三栄水栓】SANEI【PP60-500】洗面化粧台用すきまパッキン

コーキング材

【セメダイン】シリコンシーラント8000330ml ホワイト



スポンサーリンク

バックアップ材

とむじぃの一番のおすすめはバックアップ材です。
本来バックアップ材とは外壁面の目地へ設けるシーリング材の充填時に使用されているポリエチレン発泡体ですが、後々キズが残る心配がなく、取り付けも取り外しもすごく簡単なのでおすすめです!


隙間より大きい径のバックアップ材を用意します。
とむじぃ家は5mm位の隙間があったので10mmのバックアップ材を購入しました。
ホームセンターで150円位でした。

施工方法


ポイントとしては軽く右手で引っ張りながら左手で押し込んでいくと綺麗に隙間が埋まっていきます。


遠くから見ると洗面台と壁の隙間が無いように見えます♪

スポンサーリンク

コメント